防犯のための盗聴器発見を個人でするか、それとも業者に頼むか。


業者と個人の違い

いくつかの防犯サイトでも、個人で盗聴器を見つけるための方法などが掲載されており、自分の家の中で盗聴器の発見方法を実際に試したことがある人もいると思います。
その際に、個人でも比較的安く購入することが出来る小型の電波受信機を購入して家の中で盗聴器がないか探したり、目視で家電や家具の陰に隠れているコンセントの挿し込み口を確認した人もいると思います。

基本的に個人で行う発見方法も業者が行う発見業務も、方法としてはほとんど同じなのです。

家の中やオフィスなどで、不審な電波が発信されていないかを調べる、または盗聴器を隠せそうな場所を目視で確認しいくといった方法です。

では、方法が一緒なら探偵などの盗聴器発見業者へ高いお金を払って調査をしてもらう必要はないのではないか、そう考える人もいるかもしれませんが、個人で出来る調査の範囲はどうしても狭いものになります。
何故なら不審な電波といってもそれだどんな電波で、盗聴器の電波であるのか判断するのは素人目では難しいということ、そして最近では小型の電波受信機では拾うことが難しくなった、デジタル電波を使った盗聴器も登場しており、大型の機材が必要となり、より専門的な知識が求められるようになりました。

個人で盗聴器を見つけようと思ったときは、まず怪しいと思う場所を目視で確認しておき、それで盗聴器が無いと思っても不安を感じた場合には、家全体を業者に調べてもらうのではなく、リビングや寝室といった特定の場所を業者に依頼して調査してもらうといいでしょう。